人気ブログランキング |

フラメンコギター専門店

spoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 30日

安易なフレットの打ち換えとすり合わせ



人気ブログランキングへ
再びフレットの話・・・・・
フレットの打ち換えとすり合わせは慎重に
フレットの高さと弦高は比例しています弦高を下げて弾きやすくなることはありません。
フレット高がある寸法より低くなるとより抑える力が増えるだけで・・・疲れるだけです
そして又弦高を下げるの繰り返し。
原因は他にあります。
※ネックが反っているときとただ異常に弦高が高い場合はそれなりの効果は期待できます。

打ち換えは著しく音質を劣化することもあります
下の写真を見てください
上の写真フレットを抜く前の様子
このケースの場合1Fと2Fの6弦側が少し曲がって打ち込まれています

2番目の写真
白く見えるのは接着材です
エポキシ系の接着材が大量に使用
なぜ接着材を使用するか?
フレット抜くときボードにクラックが入ることがあります
よほどなれている職人でないと大量のヒビが入ります
そして新しいフレットを打ち込むときに又ヒビが拡大
で又接着材を使用、高価なギター程この現象が多く発生します
ここまでくると音質が一揆に低下します
大切な楽器を壊すだけです。
本当に打ち換えが必要なのかどうか?打ち換えが必要なギターはあまり会えいません、回避の方法はあります
すり合わせも同じく必要最小限に・・・
安易なフレットの打ち換えとすり合わせ_c0330563_17353608.jpg
安易なフレットの打ち換えとすり合わせ_c0330563_23185751.jpg
上の写真で確認できませんが実際はフレット溝周辺に5ミリほどのヒビが大量に確認できます

安易なフレットの打ち換えとすり合わせ_c0330563_23392196.jpg
完成



by spoc_go | 2016-03-30 23:42 | ギター音質改善 クラシック&フラメンコ | Comments(0)
2016年 03月 15日

スペイン製フラメンコギター(ネグロ)の音質改善


人気ブログランキングへ
弦高を下げても弾きやすくなりません
 ※ただしネックそりによる弦高調整は問題外です

 弾きにくいギターは他に必ず原因があります (ギター属一般に共通)
    このギターの場合はヘットにも問題があり一部仕様の変更をしました
他3箇所ほどの調整とパーツ交換する事によってエコーとリバーブが付加されスケール感ある音に変貌します。
まるでスタジオ録音のような音質に変わります。
信じられない方当店にお越しください約5分程度の時間で音質の変化が確認されます
今まで経験した事のない音が確認できます。


     
スペイン製フラメンコギター(ネグロ)の音質改善_c0330563_23340720.jpg



by spoc_go | 2016-03-15 23:35 | ギター音質改善 クラシック&フラメンコ | Comments(0)