人気ブログランキング |

フラメンコギター専門店

spoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 28日

落合公園


人気ブログランキングへブログランキングに参加しました、クリックもよろしくお願いします


溜まっていた修理品もやっとメドが・・・

進行中のギター塗装も完成したら写真アップします

落合公園_c0330563_1619880.jpg
落合公園_c0330563_16191038.jpg



by spoc_go | 2012-03-28 13:57 | 趣味の写真 | Comments(0)
2012年 03月 24日

感激 3


人気ブログランキングへブログランキングに参加しました、クリックもよろしくお願いします


戦前の手工ギター修理完了しました、

やはりペグ取り付け穴に苦労しました

思ったとおり素材の狂いは殆どありませんでしたが、経年変化による接着材の老化現象は著しくその箇所ナント二桁、

ボディー内部は細部まで見事な作りでした

トップ板は杉と思われます

三味線やお琴に施された綾杉、綺麗な正目の凹凸があり側板内部材料については結局分かりませんでした


※この時代は合板がありません二枚合板はあったと思います(ギター側板)

作業前の状態

感激 3_c0330563_16185712.jpg
感激 3_c0330563_1619024.jpg

感激 3_c0330563_1619560.jpg
修理後の画像



by spoc_go | 2012-03-24 12:09 | クラシックギター修理 | Comments(0)
2012年 03月 09日

感激  2


人気ブログランキングへブログランキングに参加しました、クリックもよろしくお願いします


内部調べたところ製作者不明判明できる文字等一切無し

朝より早速ペグの交換の準備

やはり思ったとおり取り付け穴の外穴・中穴の位置が相当ずれている

調整に時間がかかる、半日はかかるだろう

この時代のペグ取り付け穴は内外問わず、ずれているのが普通

このギターの修理進行状態をできれば連載します



by spoc_go | 2012-03-09 11:36 | クラシックギター修理 | Comments(0)
2012年 03月 08日

感激


人気ブログランキングへブログランキングに参加しました、クリックもよろしくお願いしま


今日ペグの修理依頼、での出来事  先代が戦前に購入されたギターだそうです

最初は・・・ハイ修理代はいくらになります

ところがペグ取り付け箇所に問題ある事が判明、調べる程に このギターに興味が・・・本体(ボディ部分)

そのうちスケールも用意寸法も取りました

弦長645ミリ  ナット上弦幅約39ミリ(センター)  

アーチドトップサイド・バック メープルトラ目単板

トップ板材は後日発表(判明すれば)


感激はこれから・・・

 ①経年変化あまり無しブレージング接着異常なし

 ②トップ板クラック3箇所殆ど分かりません

 ③指板・フレット良好  当然ネックそりなどまったくありません

 ④塗装 たぶん北海道産天然樹脂使用(内部外部とも)


ギター修理暦約40年これだけでも凄い

凄いのはこれから

あの時代に何を参考にしたのか?

当時のギターは殆どコピーされて製作されたギター

楽器として重要な接合部分は工夫が見られます からくり人形のギァ 目やせを最小限に止める技術)

驚きは側板内部の木地仕上げ和楽器の三味線やお琴にも採用されているアヤ杉目の採用

ただのギター職人ではない木の癖を読んでいる・・・それを実行している

音を知っている・・

ギター製作者はギターを知るだけではだめです 実感!

かの有名宮大工の教えです



by spoc_go | 2012-03-08 18:51 | クラシックギター修理 | Comments(0)